ウェイトローラー交換(4.5gx6個)、軽すぎてエンジンが吹けきってしまう。

前回の「Vベルト交換したら中低速のピックアップ感が悪くなった!?」で、悪くなったピックアップ感を良くしようと、ウェイトローラーを5.0gx6=30gから4.5×6=27gに変更しました。

ウェイトローラー交換(5.0gx6個)とドライブカバーの加工をしたら、良質のシティコミューターができあがった。

純正のウェイトローラーから9.87g減です。

アルバ(ALBA) ウエイトローラー スズキ系 (17X12) 4.5g 6個入り 17×12-4.5G 810円


10km/hからの加速は、すごく良くなりました。
5.0gx6個の時は20km/hからグンと伸びる感じでしたが、4.0gx6個では10km/hからグンと伸びます。

いい感じに加速しますし、ギュンギュンエンジンが回ります。
「これはヤバイ、もしかしたら凄いセッティングを見つけてしまったか~」
と、ワクワクしながら次の日に、おなじみの通勤路を走ります。

「あれッ?」

ちょっとした違和感を感じます、エンジンは元気よく回ってはいるのですが、スピードがついてきていません。
メーターを超えた辺りで、エンジンは吹け切っています。

使用回転数が高すぎて、トルク感が感じられないので、音ばかりで前に進まない。
コーナーの立ち上がりも、5.0gx6個の方が良かったです。

完全に失敗です。
元々が高回転出力のエンジンではないので、無駄に回しすぎてもダメですね。
但し、メーター表示内速度でのパワーのフラット感は、5.0gx6個よりは断然良いですね。

再チャレンジですね。

安売り折りたたみ自転車を実用で使うにはいくらかかるのかやってみた。

物欲と、どうしようもない機能の低さに車庫の奥で忘れさられた折りたたみ自転車と重なる自分に、改良(改造)という禁断の領域に踏み込んでしまった、機械をいじる事と若い女性が大好物の中年おやじ。
ホームセンターで9,800円で売られている折りたたみ自転車を、安心安全そして少しだけカッコよく乗るためにはいくらかかるのかを、人柱になって検証しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)