駆動側カバーの取外し

プーリーやVベルト・クラッチ等のメンテナンスに必要な、駆動側カバーの取外しです。
使用工具は、8mm・10mm・12mmのソケットレンチとプラスドライバーNo.2です。
カバーは、7本のボルトで留められています。
赤丸が10mmで2本、黄丸が8mmで5本のボルトです。
他にキックペダルを取り外すのに12mmのボルトとベルトカバーエアクリーナーがプラスのタップネジで留められています。
10mmネジは共に奥まったところで、エアクリーナーと共留めになっています。
10mmのボルトを外したら、キックペダルを取外します。
キックペダルは、ネジを抜いてから手前に引き抜きます。
ベルトカバーエアクリーナーのタップネジを外せば、カバーが取り外せます。
このエアクリーナーは乾式みたいですので、水洗い又は叩いて汚れを落としておきます。
水洗いした場合は、しっかりと乾燥させておきます。
カバーを留めている、5本の8mmのボルトを外します。
カバーの内側はVベルトのカスで、かなり汚れています。
スターターギアを取外します。
8mmのボルト2本で、留められています。
ボルトを外せば、ちょっと硬いですがスターターギアが外れます。
ドライブフェイスには、青いマジックで印がされていました。
締め込む時には、マジックを目印にして締め込むと、適正なトルクで締め込むことができます。

「おっさん」ちゃうで「おっちゃんて」呼びや。

世の中高級なキャンプ用品が溢れていますが、懐の寒い中年おっちゃんがマイナーな用品をあれこれいじくり倒しています。
キャンプ用品やらスキーやら何か気になったことを書いてます。

駆動側カバーの取外し” に対して1件のコメントがあります。

  1. 通勤のために、ひよこ号と同じレッツ4を中古で買いました。前かご、ハンドルグリップ、プラグ、エアクリーナーを通販で購入、オイル交換はしました。ゆっくりいろいろやってみようと思います。42年物のモンキー5Lも快適に走ってます。雨や曇りの日には乗らないので、レッツ4イエローが頑張ってくれそうです。よろしくお願いします。

    サイトは退職後に縮小しました。今は変更なしです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)