エアーバルブがヒビ割れてきたので、国産(DUNLOP)エアバルブに交換予定。

よくわからないメーカーのL型エアバルブを使ったら、1年も経たないうちにヒビ割れが発生してきました。(泣)

元々が安い部品なのに、ケチってしまうとこんなことになります。
小さなヒビ割れが目立っていますが、根元の方は今にももげてしまいそうです。

前後ともヒビ割れていますので、交換しないといけないのですが、ちょっと気合が入りません。
でも、交換しないと、いつエア漏れを起こして走行不能になるかわかりません。

これに懲りて、国産有名メーカのエアバルブを調達しました。


DUNLOP(ダンロップ)チューブレスバルブ スナップインバルブ PVR-70 208271 二輪 オートバイ用 1個494円

部品は安いのですが、タイヤを外す手間がたいへんです。
少々猫背気味です・・・。

オンライン英会話レッスン

フロントタイヤに「IRC MBR-740」(3.00-10)を入れたら、フラフラ・へろへろのハンドリングが、下り坂でもフルブレーキングできる、ビシッと締まった安心ハンドリングになった。

2日連続の飲み会で、身も心も疲れ切った日曜の昼下がり。 外は32度のねっとりと纏わりつく暑さ。 そんな中、コリもせずに、またタイヤ交換をしました。 今回交換するのは、フロントタイヤです。 どうにも、純正のフロントタイヤが落ち着きがなくて、まともにコーナーが曲がれない。 多分、80/90-10のタイヤサイズでは、フロントが下がり気味でフロント荷重過多となっているようです。 私の、車両だけかもしれませんが、コーナリング中にフロントタイヤが内側へ切れ込んでいきます。 ステップボードに足を載せてのコーナリングは恐怖がちらつきます。 課題としては、 1.コーナリングの安定。 2.まったりとした、切り返しの改善。 3.フロント下がりの改善。 ということで、タイヤサイズの変更も検討します。 90/90-10で行こうかとも考えたのですが、タイヤ幅が大きくなることにより2.の切り返しの改善が、できなくなりそうなので、外径は純正よりも大きくして、幅は細くする方針でサイズ選択します。 IRCの公式サイトで、似たようなタイヤのサイズを参考にします。 IRC MB-520
タイヤサイズ 外径 トレッド幅
3.00-10 42J 415 86
3.50-10 51J 438 95
80/90-10 44J 401 80
90/90-10 50J 418 90
80/100-10 46J 415 83
100/90-10 56J 437 101
  残念ながらというか、当たり前かもしれませんが、「80/90-10」より細いタイヤは、一般的にはないようです。 あまり幅を変えずに、外径を大きくするのなら、「80/100-10」・「3.00-10」あたりになりそうですね。 次にタイヤの種類ですが、雨の日は絶対(ほぼ)乗らないので、ウェット性能はなくて良い。 ライフも年間2,000km未満しか走らないので、5,000kmも持てば3年程経過するので、交換時期になるのでそんなに長くなくても良い。 値段はもちろん、安いほうが良い ハイクリップ系のタイヤの中でも比較的ウェットに強くて、街乗りにも使いやすい、「IRC MBR-740」を選択することにしました。 IRC MBR-740 DIX RR 選べるサイズは、3種類「3.00-10」/「3.50-10」/「90/90-10」。 「3.50-10」には、他に熱ダレ対策コンパウンドを、採用したサマーSPがあります。 サイズは「3.00-10」1択ですね。 「IRC(アイアールシー) 井上ゴムバイクタイヤスクーター用 MBR-740 DIX RR 前後輪共用 3.00-10 42J チューブレスタイプ(TL) 321707 二輪 オートバイ用 4,972円」
今回は、2回目のタイヤ交換なので、少しは要領がつかめて、うまくできそうです。 まずは、フロントを浮かせるために、ジャッキをかけます。 タイヤのビードが落としやすいように、車用のタイヤクリーナーを吹き付けておきます。 14mmと12mmのレンチで、アスクルシャフトを抜きます。 ナット側から、当て木をしてハンマーで軽く叩くと、アスクルシャフトは抜けます。 ジャッキアップすると、フロントタイヤが外れます。 汗をブリブリにかいて、タイヤを外しました。 構造がわかっているので、前回よりは簡単に外すことができました。 幅は、殆ど変わりません。 外径は少しMBR-740の方が、大きいです。 今回はリアタイヤ交換で使った12V電動ポンプではビードが上がらなかったので、いつも行くガソリンスタンドでエアーを入れさせてもらいました。 やっぱり早いです、一発でビードが上がりました。 エアバルブもL型に交換しました。 走ってみた感想は、外径が大きくなった分、後輪への荷重がしやすくなりました。 コーナリング中にふらついたり切れ込んだりしません、スパッと決まります。 倒したい分だけを、しっかりとコントロールできます。 タイヤハイトが高くなったので、段差のショックが少なくなりました。 少々荒れた路面でも、安心して曲がることができます。 うん、これいいよ。 熱の入り具合がまだよく理解できていないのですが、割と走り始めから寝かせることができるので、熱の入るのは早いようです。 サイドウォールの剛性の高さが、全てにおいて良い方へ改善されました。 ・低速域での安定感が増しました。 信号待ちでの停止時やスタート時の、低速域での不安定感やフラつきがなくなりました。 きっちりと止まります。 今まで乗ってきたバイクは、信号などの停止時には、速度0になってから足を出しても大丈夫だったのですが、レッツ4は停止寸前のほぼ速度0域が妙に不安定で、他のバイクよりも足を出すタイミングを早くしなければならなっかったのがなくなりました。 ・下り坂のブレーキングも安心です。 純正タイヤでは、下り坂では腰を引いてシートの後端に座ってブレーキングしないと、前輪がすぐにブレイクしてコントロール不能になります。 しかし、MBR-740はブレイクどころか、リア荷重が抜けた状態でも安定していました。 ・コーナリング中のブレーキングも可能でした。 コーナリング中のブレーキングも非常に、コントローラブルです。 コーナリング中に、路面のギャップを避けるために、ブレーキングしながらコースを変えることも、いとも簡単にこなせてしまいます。 走りに大きなマージンが生まれました。 ・ブレーキは完全に負けています、ロックなんてできません。 レッツ4のか弱いドラムブレーキでは、この高性能タイヤをロックさせることはできませんでした。 レッツ4に分不相応なグリップをするタイヤですが、神経質なところが全くありません。 普通に走れています、いや普通以上に走れますよ、今のタイヤテクノロジーってとんでもないところに行ってるんですね。 TT300GPやら、今はなきヨコハマの2輪用タイヤPROFIREが全盛期の頃から、ハイグリップ系のタイヤを履くことがなかったので、すぐに減る・ウェットはだめ・挙動が突然なタイヤしか知らなかったものだから、カルチャーショックです。 舗装林道を走ってみたのですが、いつも水が流れているとことがあって、そこは道路上に苔が生えていて、気を抜くとあっという間に転倒するところなんですが、滑り出しが非常につかみやすいですし、コチラが反応すればしっかりとリニアに反応してくれます。 ものすごくコントロールしやすいです。 リアタイヤがDUNLOP D307 RUNSCOOTなので、フロントタイヤよりリアタイヤのグリップが低いので、リアが先に流れ出します。 DUNLOP D307は限界が低いのですが、とてもフィーリングが素直で、流れ方も跳ねることなく、じわりと流れてくれます。 街乗り中心で、シティコミューターとして使うのなら、この組み合わせもありかと思います。 フロントタイヤがフルグリップしてくれる安心感は、非常にありがたいです。 危険回避能力もかなり上がります。 前後MBR-740という選択もありますが、余程のウェットでないかぎり、レッツ4ではこのタイヤ性能を上回ることはできないでしょうね。 多分、サーキットかジムカーナ等の競技にでも使わない限りは、限界は引き出せないです。 しかし、バイクの性能よりタイヤ性能が上回っている状態は、バイクをコントロールする上で大切ですので、メンテナンスの頻度が多少増えても、金額的にもOKなら迷わず前後MBR-740でしょうね。 多分、次のリアタイヤ交換時には、MBR-740にしますね。 フロントフォークに、グリスの滲みが出てきました。 ちょっとヤバイかも。  

オンライン英会話レッスン

ちょうどよいサイズのビードクリーム、「AZ バイク用ビードクリーム MCR-001 20g」

以前タイヤ交換したときに、ビードクリーム(ビードワックス)を使わずにシリコンスプレーを利用しました。
タイヤ交換したら、人間不信になってしいました・・・。「原付きのビードなんて足で踏めば簡単に落ちるよ。」「原付きのビードなんて自転車のポンプで簡単にあがるよ。」・・・。
何回タイヤ交換をするかわからないのに、ビードクリームを購入するのを躊躇していました。 だって、ビードクリームなんて、タイヤ交換以外に使える機会ないですもん。 他の用事で、「株式会社エーゼット」のサイトを巡っていました。 油脂やケミカル用品の殆どは、「株式会社エーゼット」で購入しています。 リーズナブルな価格と高品質・豊富な品揃えなのが、お気に入りになっています。 そこで見つけたのが、 AZ バイク用 ビードクリーム [MCR-001] 20g [ビードワックス・タイヤフィッティング・タイヤマウント・タイヤマウンティング] 298円
なにが良いって、このサイズがいいですね。 個人ユースならこれで充分な量である20gです。 塗布用スポンジも、付いてきます。 買っときゃよかった・・・。

オンライン英会話レッスン

タイヤ交換したら、人間不信になってしいました・・・。「原付きのビードなんて足で踏めば簡単に落ちるよ。」「原付きのビードなんて自転車のポンプで簡単にあがるよ。」・・・。

はいはい、そのとおりです。 はっきり言って、甘くみていました。 今までは、チューブタイヤしか交換したことがなかったので、ホイールさえ外してしまえば、仕事は半分終わったものだと、高をくくっていましよ。 このあと何回タイヤ交換するかわからないのに、わざわざビードワックスなんて買えますかいな。 工具なら他に流用ができたり、困った時に「あの工具を使えばもしかしたら。」とかワクワクしたり、初めて工具と対面するときのドキドキなんて事もあるのに、ビードワックスなんてワクワクもドキドキもせんがな。 と、言い訳しております。 2,000km弱でスリップサインが出てきました。 タイヤの表面も、荒れていますね。 それ程、ハードに攻めているつもりはないのですが、フロント周りがあまりにも貧弱なので、ブレーキング時にフロント荷重になると恐ろしくてターンインできないので、リア荷重にして(リアサスペンションは交換済)フロントを遊ばせるような乗り方をしているので、リアタイヤへの負荷が高いのはわかっていたのですが、2,000km弱でスリップサインが出てくるなんて・・・。 今回交換するのは、 DUNLOP(ダンロップ)バイクタイヤスクーター用 RUNSCOOT D307 前後輪共用 80/90-10 44J チューブレスタイプ(TL) 305511 二輪 オートバイ用 1,766円 ダンボールが中に詰められて、変形しないようにされて送られてきました。
インドネシア製です。 バルブも交換します。 エアが入れやすいように、L型バルブにします。 下の商品は勧めしないので、リンクを切っておきます。 Garage.com 原付・二種バイクスクーターなど小径タイヤ用 L型 チューブレスタイヤエアバルブx2pc 430円   ※このエアバルブは1年足らずで、ヒビ割れてきました。
エアーバルブがヒビ割れてきたので、国産(DUNLOP)エアバルブに交換予定。
少々高いですが、国産有名メーカー(DUNLOP)のものをオススメします。
DUNLOP(ダンロップ)チューブレスバルブ スナップインバルブ PVR-70 208271 二輪 オートバイ用 1個494円 タイヤレバーは、モノタロウでセット販売で1,390円のものです。 タイヤレバーグリップタイプ+リムガードセット(各2個) タイヤレバーグリップタイプ(全長290mm)×2 ・リムガード×2 タイヤレバーは強度的には問題ありませんでしたが、取付時に長さが足りずにパイプを使って延長して取り付けました。 リムガードはスクーターの10インチホイールでは、Rがきつすぎて上手く使えませんでした。
今回は、ホイールを取外してタイヤ交換しました。 手慣れたバイク屋さんだと、ホイールを外さずにタイヤ交換できるようですが、マフラーの再塗装も兼ねて、ホイールを外しました。 マフラーの取外しはコチラを参考にしてください。
耐熱塗料(ソフト99 耐熱ペイント チタンカラー )でマフラー塗装
リアホイールは、24mmのナットで留められています。 インパクトドライバーで、ガガガッとやれば外れますが、レンチで取り外す場合はリアブレーキ掛けてセンターナットを緩めます。 クランプを使ってリアブレーキレバーを固定しました。 センターナットに掛けたレンチに、パイプを使って緩めました。 外してみるとタイヤの減り具合が、より顕著に見ることが出来ました。 装着時よりも、タイヤの減りがリアルに見えて、ツルツルですね。 え~、ここで謝罪しなければなりません。 交換に手間取ってしまって、画像を撮るのを忘れていました。 いや、忘れていたと言うよりも、撮ることができなかったのです。 上手くビードが落ちないで軽くパニックになるわ、両手両足が塞がるわ、日暮れは近くなってくるわで・・・。 とりあえず、ビードを落とします。 チューブレスタイヤは、ホイールとタイヤのビード部分(赤丸)が空気圧で密着して空気漏れがしない構造になっています。

ビードが落ちている状態 ビードが上がっている状態

チューブレスタイヤの断面 灰色:タイヤ 黄色:ホイール 青色:空気圧 赤丸:ビード

ビード部分は、タイヤにエアーを入れることにより、ホイールの耳部分に密着しながらせり上がっていきます。 これを、「ビードが上がる」と表現して、「ポコン」という音と共にホイールに密着します。 反対に「ビードを落とす」とは、タイヤ内のエアーを抜いて、タイヤをホイールの中心側に押し込んで、タイヤとホイールの密着を外す作業です。 タイヤ交換をする場合は、大抵の場合はホイールにタイヤがはまっているので、ホイールとタイヤの密着を外す「ビートを落とす」作業から始めます。 ダンボール等を下に敷いてから作業しましないと、ホイールがキズだらけになってしまいます。 まずは、空気を抜いてから、タイヤを踏んでみました。 こんな感じです。 全く歯がたちません。 後から考えると、バルブを交換するつもりだったので、この時点でバルブを、カッターナイフで切り落としてもよかったのではないかと。 そうすれば、踏みつけて圧縮された空気が排出されるので、ビードが落ちたかもしれません。 レッツ4の場合は、タイヤが小さいので、ビード部分にうまく体重が乗せることができなくて、タイヤの外側が潰れるばかりで、ビードが落ちる気配はありませんでした。 次にチャレンジした方法は、「クランプ殺法」です。 木工用のクランプを「ビードブレーカー」代わりに利用して、タイヤとホイールに掛けて無理矢理、ビートを落とそうとのタクラミです。 木工用クランプは、木と木を接着する時等に固定・圧迫したりするものです。
時折、ダイソーなんかでも、2~300円で売っている時もあります。 クランプを2本使いました。 クランプを、ホイールとタイヤに引っ掛けます。 タイヤ側は、なるべくビードぎりぎりにかけておきます。 あとは、クランプをグリグリと締付けて、ビードを落とします。 1ヶ所ビードが落ちたら、少し離れた場所に同じ様にクランプを掛けて、ビードを落とします。 あとはクランプを外して、ビードが落ちた部分にタイヤレバーを掛けて、タイヤを潰すようにすれば、ムニューっと落ちます。 反対側は1ヶ所落とせば、そこからタイヤレバーで落とせました。 文章にすれば簡単ですが、これを思いつくまでタイヤレバーでシコシコしたり、ハンマーで叩いてみたりと悪戦苦闘していました。 ビードが落ちたら、タイヤのビードにシリコンスプレーを一吹きます。
ホームセンターでも手に入ります。 シリコンスプレーは、ビードワックスの様に単機能品ではないので、1本持っていれば非常に便利です。 ふすま等の滑りを良くするのに使ったり、家具のヒンジ部分や鍵穴にも使えます。 油を使えないところの潤滑に役立ちます。 ビードにシリコンスプレーをすることで、ホイールとの滑りを良くして、スルッと楽にタイヤを外そうという魂胆です。 しかしながら、力技でタイヤレバーにパイプを延長して、外してやりました。 バルブは交換するので、カッターナイフで付け根のゴム部分を切って取外しました。 ここでまた、苦労しました。 バルブがナカナカはまらないのですよ。 専用の工具もあるらしいのですが、そこは・・・。 結局、バルブのゴム部分にシリコンスプレーを少量かけて、12mmのソケットで押し込みました。 うにゅ~スポンって感じで入りました。 新品タイヤをホイールに組む時は、タイヤの回転方向に注意してくださいね。 ビードを上げてから気づいたら、最悪の暗黒を感じることになりますんで。 タイヤの組込は、回転方向と、タイヤに黄色いペンキの印がつけられた軽点とバルブ位置をあわせて、組み込みます。 外すことに比べれば、組み込むのは簡単でした。 タイヤのビードに、シリコンスプレーを吹いて、タイヤにホイールを斜めに入れて、上から足でムギュムギュ踏んで、最後はパイプで延長したタイヤレバーでムギュギュギュギュ~とすれば、はいりました。 タイヤがホイールにはまったら、立てた状態で上から体重をかけてゴロゴロ転がして、ホイールになじませます。 軽点とバルブの位置を確認して、エアーを入れてビードを上げます。 手動ポンプで「彼岸島」くらいハァハァゼェゼェ頑張りましたが、ビードは上がらなかったので、車の12V電動ポンプで「ポッコン」と上げました。
タイヤを中性洗剤を薄めた洗剤で洗い、シリコンや油分を落とします。 ホイールをキレイにしておきます。 ブレーキ部分はパーツクリーナーで、ブレーキカスなどを流して脱脂しておきます。 ピカピカで気持ちいいですね。リアホイールってこんな時にしか洗えないですからね。 マフラーを戻して完成! 次はやりたくないかな・・・。 その後ビードワックス(ビードクリーム)を購入しました。
ちょうどよいサイズのビードクリーム、「AZ バイク用ビードクリーム MCR-001 20g」
次は、「やりたくない」と言いながらも、フロントタイヤも交換してしましました。
フロントタイヤに「IRC MBR-740」(3.00-10)を入れたら、フラフラ・へろへろのハンドリングが、下り坂でもフルブレーキングできる、ビシッと締まった安心ハンドリングになった。
 

オンライン英会話レッスン