Vベルトが滑っていた感覚に近づけたいので、強化クラッチスプリング(NRマジック)を購入した。

どうしても、ウェイトローラー5.0gx6個の総重量30gで、純正Vベルトが絶妙に滑ってたときの、中速域のピックアップの気持ちよさが忘れられずに、再度パーツ投入して擬似的にVベルト滑り再現に、チャレンジしてみることにしました。

ウェイトローラー交換(5.0gx6個)とドライブカバーの加工をしたら、良質のシティコミューターができあがった。

現状は、5.0gx3個 + 4.5gx3個 の 総重量28.5gとなっています。
合格点ではありますが、5.0gx6個プラスVベルトの滑りのフィーリングには、ほんの少し追いつけていません。
再加速時や坂道でのキックダウン時、ウェイトローラーが軽いのか若干もたつきます。

今回、購入したのは「強化クラッチスプリング スズキC KB0130-S10022(NRマジック) 864円」です。



遠心クラッチのスプリングを、強い(硬い)スプリングにすることで、遠心力に対抗する力が増えるので、クラッチミートの回転数が上がるものです。
普通の人は、スタートダッシュを良くするために導入するのですが、もともとアクセル開度0から1/8のエンジンのツキが良くないので、クラッチミートのミートタイミングを遅らせても、それほど劇的にスタートダッシュがよくなるわけもありません。
それどころか、今までのタイミングより、ほんの少し早めにアクセルを開けるようにしないと、クラッチミートする回転数までのタイムラグが増えるので、体感的にはよくなるとは思えません。
あまり、強化クラッチスプリングを入れて、良くなったという話は聞かないんですが。
私が、強化クラッチスプリングを導入する目的は、Vベルトが滑って中速域のピックアプがよくなっていた時のように、クラッチを滑らせることができないかと考えたわけです。
発進加速を多少犠牲にして、5.5gx6個=33gや5.5gx3+5.0gx3=31.5gのセットも試していないので、ウェイトローラーも総33gぐらいまでで、中速域が気持ち良いセッティングが出せればよいかと。
この辺りは、ウェイトローラーとの兼ね合いが、難しいところです。
強化クラッチスプリングをミートさせるには、ノーマルより回転数が必要になるので、ウェイトローラーを重くしすぎると半クラッチが長くなり、軽くしすぎると半クラッチが短くなるので、どの辺りで折り合いがつけられるかですね。

どんな結果になるか、お楽しみに。

安売り折りたたみ自転車を実用で使うにはいくらかかるのかやってみた。

物欲と、どうしようもない機能の低さに車庫の奥で忘れさられた折りたたみ自転車と重なる自分に、改良(改造)という禁断の領域に踏み込んでしまった、機械をいじる事と若い女性が大好物の中年おやじ。
ホームセンターで9,800円で売られている折りたたみ自転車を、安心安全そして少しだけカッコよく乗るためにはいくらかかるのかを、人柱になって検証しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)