ヘルメットホルダー取付け

レッツ4のメットインスペースは若干狭くて、ジェットタイプのヘルメットでもキツキツなのです。
もしもの時のためにメットインスペースには、カッパが入っていたりするので、一旦カッパを取り出してヘルメット内に押し込んで、パズルのようにヘルメットを収納して、シートが浮いているのを無理矢理「カチリ」といわせる、力技でメットインしていました。
そのため、ちょっとした用事ならば邪魔なヘルメットを、ブラブラと手に持って用事を済ませていました。
そんなこんなで、不便さを解決するために購入したのが。
ヘルメットホルダ (パーツNo.95700-33811) 400円+税本体はこれだけです。
説明書です。
説明書を読むまでもありません。
シートを開けたタッピングネジに共留めするだけです。
必要な工具は、プラスドライバーNo.2だけです。
タッピングネジを外します。
外したところに、ホルダをセットします。
ホルダの裏側に突起があるのでそれを合わせます。

タッピングネジを締めて、作業終了!
こんな感じで、ヘルメットのDリングを引っ掛けます。
この画像のヘルメットは上下逆ですね・・・。
シートを閉めるとDリングが奥まって工具が入りにくくなるので、Dリングを切られてのヘルメット盗難は難しいかとおもいます。
値段と手軽さの割には良いですね。

安売り折りたたみ自転車を実用で使うにはいくらかかるのかやってみた。

物欲と、どうしようもない機能の低さに車庫の奥で忘れさられた折りたたみ自転車と重なる自分に、改良(改造)という禁断の領域に踏み込んでしまった、機械をいじる事と若い女性が大好物の中年おやじ。
ホームセンターで9,800円で売られている折りたたみ自転車を、安心安全そして少しだけカッコよく乗るためにはいくらかかるのかを、人柱になって検証しました。