リア・サスペンションのスプリングプリロード調整

ひよこ号のリアサスペンションには、デイトナ(DAYTONA) ユニバーサルリアショック メッキ/レッド 285 73538 4,757円 を入れています。


これは、新車で納車されてすぐに交換しました。
スプリングプリロードカム式5段階調整可能で、今までは一番弱いイニシャルで乗っていましたが、体重74kgの小太り中年では、リアが下がって若干前上がりのセッティングになっています。
これが、リアタイヤの摩耗が早い原因なのかもしれません。

本当は、0G時の距離とフルボトムさせた距離・乗車時の距離を計って、乗車時にホイールトラベル距離の1/3になるようにセッティングするのですが、かなり面倒くさいので(一人で計測するのはほぼ不可能)、適当に走りながら決めていきます。

多分、フロントサスペンションがかなり弱いので、3段目ぐらいでも強いと思われるので、選択肢は1・2段目だけなので、どちらがマシかで決められると思います。

リアサスペンションのスプリングプリロードカムは、原付きに着くようなサスペンションなら、工具なしの手でも変更できます。
その昔、2本サスのマシンでミニバイクレースのマネごとをしていた時には、ライダーが変わる度にプリロードを変えていたのですが、2本変更する時間がもったいないので、手で「グリン」と回していました。
ただスクーターは、手が入る隙間が狭いので、素直に工具を使います。

フックスパナとか引掛スパナとかてやつです。
ASH 引掛スパナ45/48 FK0045 577円

プリロードを強くする時。
プリロードを弱くする時。

まずは、3段目にセットしてみます。
乗車時の沈み込みがかなり少ないです。
重心がフロントよりになっています。
走ってみましたが、やはりブレーキング時にフロントに乗りすぎてしまいます。
コーナリング時は、リアが強すぎてフロントがよれて不安定になります。
これなら、1段目のほうがましですね。

2段目にセットしてみます。
乗車時の沈み込みが自然ですね。
リアタイヤを潰す感覚はコチラのほうがいいですね。

しばらくは、2段目で走ってみます。

安売り折りたたみ自転車を実用で使うにはいくらかかるのかやってみた。

物欲と、どうしようもない機能の低さに車庫の奥で忘れさられた折りたたみ自転車と重なる自分に、改良(改造)という禁断の領域に踏み込んでしまった、機械をいじる事と若い女性が大好物の中年おやじ。
ホームセンターで9,800円で売られている折りたたみ自転車を、安心安全そして少しだけカッコよく乗るためにはいくらかかるのかを、人柱になって検証しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)